archive-fm.com » FM » S » STYLE.FM

Total: 731

Choose link from "Titles, links and description words view":

Or switch to "Titles and links view".
  • 「ダンゴゴン太」|アニメ版
    ダンゴその2 ゴン太と白い粉 時間 2分32秒 ダンゴその3 時をかける少女 時間 2分43秒 ダンゴゴン太 発売告知映像 時間 51秒 ANIME STYLE ARCHIVE 時をかける少女 絵コンテ 細田守 デジモンアドベンチャー 絵コンテ 細田守 この人に話を聞きたい 1998 2001 スカイ クロラ 絵コンテ 押井守 サマーウォーズ 絵コンテ 細田守 天元突破グレンラガン IMAGE BOARD アニメスタイルの本 TWILIGHT なかむらたかし ダンゴゴン太 大地丙太郎 まなびストレート

    Original URL path: http://www.style.fm/book/03_gonta/anime_index.shtml (2016-02-17)
    Open archived version from archive


  • 「ダンゴゴン太」|関連記事
    のゴン太でGOんた その2 07 04 02 岩内三 現 大地丙太郎 のゴン太でGOんた その3 07 04 09 岩内三 現 大地丙太郎 のゴン太でGOんた その4 07 04 16 岩内三 現 大地丙太郎 のゴン太でGOんた その5 07 04 23 岩内三 現 大地丙太郎 のゴン太でGOんた その6 07 05 07 岩内三 現 大地丙太郎 のゴン太でGOんた その7 07 05 15 岩内三 現 大地丙太郎 のゴン太でGOんた その8 07 05 21 岩内三 現 大地丙太郎 のゴン太でGOんた その9 07 05 29 サムシング吉松の死んぢゃえばいいのに 第421回 07 04 03 TOPICS 大地丙太郎のライフワーク ダンゴゴン太 アニメスタイルから単行本が発売だ

    Original URL path: http://www.style.fm/book/03_gonta/article.shtml (2016-02-17)
    Open archived version from archive

  • WEBアニメスタイル | アニメスタイルが勧める今こそ観たいアニメ100選バックナンバー
    06 15 003 キャシャーン Sins 2008 2009年 TV 12 06 15 004 R O D READ OR DIE 2001 2002年 OVA 12 06 22 005 獣兵衛忍風帖 1993年 劇場 12 06 27 006 劇場版 xxxHOLiC 真夏ノ夜ノ夢 2005年 劇場 12 06 29 007 オネアミスの翼 王立宇宙軍 1987年 劇場 最新更新情報 アニメスタイル特報部 アニメの作画を語ろう T O P I C S 特別企画 C O L U M N R E V I E W もっとアニメを観よう D A

    Original URL path: http://www.style.fm/as/05_column/anime100/anime100_bn.shtml (2016-02-17)
    Open archived version from archive

  • WEBアニメスタイル | 【特報部】制作7年、作画4年の高密度アニメ 小池健入魂の初長編『REDLINE』が公開決定!
    もの凄く迫力のある映像になっていると思います 初監督作品で しかも初長編で さらに作画監督まで兼任されているという事ですが 小池 そうなんですよね まあ 作監も兼任してはいますけど さっきも言ったように自分の好きなアニメーターを集めて描いてもらっているので そこにプラスαで足せる部分は足させてもらって 作品を統一させてもらうというかたちでの 作監の 仕事をやらせてもらいました とはいえ カット数がもの凄く多いので 結果的に4年間かかってしまったということですね 1カット1枚で終わるところもあるし ラフをたくさん入れたりするところもあったので そのあたりの制作過程も ぜひまた別の機会に聞かせてください REDLINE という作品は 端的に言ってどんな映画なんでしょう 小池 まあ レースの映画なんですけど お話の軸として 恋愛 と 友情 というのがテーマになっていて それを物語として展開させていくための舞台としてレースがある という感じですね 観ていてスッキリするような内容なんじゃないかと思います ビジュアルの話に戻りますが 小池さん独特の絵柄や アニメーションとしてのテイストは満喫できる作品になっているんでしょうか 小池 うん 満喫できると思います それとプラスして 今回はうまい人の原画をちゃんと活かすようにして作ったので 自分が今まで作ったものよりも さらに 濃い 感じになってると思うんですよね アニメーターのクセみたいな部分もきっちり残ってますし 例えば すしお君をはじめ 戸倉紀元さんとか 山田勝哉とか スーパーアニメーターの人達にたくさんやってもらっています 僕の画の濃さと そういう特殊技能を持っているアニメーターのクセとか嗜好とかもプラスαできっちり入ってるので 見応えたっぷりだと思います 凄くアニメスタイルらしいコメントだ 小池 そうですね 笑 作画以外の面でも話題を呼んでいますね 小池 ええ ついこの間 キャストも発表されまして その話題は最後にとっておくとして その他に ここが売りだぜ というポイントはありますか 小池 自分でもこれは凄いなと思うのは 音響ですね 今回はSEとかBGMとかを 通常のアニメーションとは違う発注の仕方でつけてもらったんですよ というと 小池 SEに関しては とにかく全部細かくつけてくれ と 通常のアニメーションだと ざっくりSEをつけている場合が多いと思うんです たくさんつけても互いに相殺して聴こえなくなってしまうから という理由もあるとは思うんですけどね だけど今回は とにかく見えるもの あるいは見えなくても その状況にあるもの全ての音をつけてくれ というオーダーをさせてもらいました そこからさらに調整していくというやり方だったので 音に凄く厚みがあるというか 迫力があるし 聴き応えがあると思うんですよね なるほど 小池 BGMも同じようなかたちでやっています REDLINE の場合は すでに画が完成していたので 音楽担当のジェイムス下地さんのフィーリングに全てお任せしました だから ジェイムスさんには音楽監督としての立場で曲をつけてもらったというか もちろん 調整して抜いた部分もあるんですけど かなり贅沢に作ってもらっていますね あと 今回はシーンにぴっちり合わせて曲を作ってもらってるんです キャラクターの台詞の部分では音を絞ったりするところも 最初から計算して作ってもらってる いわゆるハリウッド スタイルというか 日本ではなかなかできない作り方ですよね 小池 そういうシーンにぴったり合った音の気持ちよさは 通常のアニメーションとは違うんじゃないかと思います ぜひ楽しみにしてほしいですね 原作 脚本 音響監督をつとめている石井克人さんとのコラボレーションは いかがでしたか 小池 いいっすよ 石井さんが特に貢献されたところは 音響演出と やっぱり あのとてつもなく魅力的なキャスティングですね 皆さんご存知の あの豪華キャストは石井さんのアイディアなんですか 小池 最初は 小池君がいちばんお願いしたい人の名前を出してくれ と言われて そこから 石井さんと相談してあの方達にお願いしたいという事になりました で オファーする際に 石井さんから作品の魅力であるとか 監督がどうしても欲しい声なんだという事を丁寧に説明していただいて それで皆さんに快く引き受けていただいたという経緯があるんです だから 石井さんでなければ絶対にできない事だったと思います 凄い贅沢だなあ ありがたいなあ と思ってます 何はともあれ アニメスタイル読者は必見の作品ということですね 小池 ええ ぜひ観に行っていただきたいです 凄いアニメーターにたくさん参加してもらっているので とりあえず観ておいたほうがいいんじゃないかな と 笑 REDLINE 2010年10月 新宿バルト9ほかにて全国公開 スタッフ 監督 キャラクター メカニックデザイン 作画監督 小池健 原作 脚本 音響監督 石井克人 脚本 榎戸洋司 櫻井圭記 音響監督 清水洋史 音響効果 坂本典之 音楽 ジェイムス下地 アニメーション制作 マッドハウス ボイスキャスト 木村拓哉 蒼井優 我修院達也 岡田義徳 津田寛治 森下能幸 AKEMI 青野武 廣田行生 石塚運昇 三宅健太 石井康嗣 チョー 堀内賢雄 浅野忠信 関連サイト REDLINE 公式サイト http red line jp マッドハウス公式サイト http

    Original URL path: http://www.style.fm/as/02_topics/tokusou/tokusou_001.shtml (2016-02-17)
    Open archived version from archive

  • WEBアニメスタイル | 【特報部】「The Art of 宇宙ショーへようこそ」マニア必見!草薙が企画編集した背景画集の魅力
    です 本棚から現物を持ってきて これです 手頃な大きさで 可愛らしい本ですね 中座 この本は 光村推古書院さんの提案で出したんですよ いい本なんですけど 画集としてはちょっと弱いなというのがあったんですね なので 今度はもうちょっと画集らしい立派な本を出したいって希望を出したら それでは売れないんじゃないか と ちょっと引かれてしまいまして 商売的に厳しいと言われてしまったんですね 中座 次に出したのは シリーズで出している 背景画集 草薙 の1冊目なんですけど 画の2次使用に関して権利関係をクリアするのが大変で かなり費用もかかったんですね でも どうしても出したかったんで 光村推古書院さんを説得するために 半分買い取るみたいなかたちで契約して出してもらったんです 背景画集 草薙 1 6の書影 1冊目の画集は 自費出版のような感じだったんですね 中座 そうですね 駄目で元々だし ちょっと勝負にでてみようと思って そうしたら これが有り難い事にかなり売れたんですよ それ以降は 画の素材を定期的に揃えて渡せば 費用を含めて光村推古書院さんが責任をもって出版してくれる という事になったんです その流れで この The Art of 宇宙ショーへようこそ があるわけですね 中座 やっぱり何冊か出してきて実績ができたんで この企画ものってもらえました 担当の編集者さんからも 最初がこれだったら これだけ豪華本で出せたかどうかは分からない って言われてましたね The Art of 宇宙ショーへようこそ 上巻 本文より 本の作り方としては まず企画を立てて素材を出すのは草薙さんで 編集は光村推古書院さんと草薙さんの共同でやるかたちなんですか 中座 そうですね まず絵の素材と構成案を京都に送って 光村推古書院さんがレイアウトしたラフデザインが戻ってきたら それにこうしたいっていう注文をつけさせてもらって その時に 画につけるコメントを僕の方で書いたり 他の人に頼んだりもします 今回の 宇宙ショー 本では 関わっているスタッフが多いので 舛成 孝二 監督 石浜 真史 さん 竹内 志保 さん あと うちの美監の小倉のインタビューを入れました 確かに 今までの画集と比べて 読ませる内容になってますよね 中座 背景画集 草薙 シリーズは やっぱり草薙だけってイメージになってましたけど 今回は完全に 宇宙ショー に焦点を当てた作りになってますからね 外の会社の方の名前もちゃんと出しつつ できるだけ多くの人に見てもらえればという気持ちで作っています ウェブの告知で 竹内さんのレイアウトが載ると書かれていて驚いたんですよ 僕らは線画もみたいですけど 背景会社が出す本にしてはちょっと珍しいなあと 中座 草薙でも ゲーム関係の仕事なんかでは ちゃんと線画の背景も描いてるんですけど どうしても画集だと背景だけを集めたいなって気持ちがあるんですよね ただやっぱり 竹内さんの線画は魅力があるので 折角の機会ですし できるだけ載せようと それに 線画って余程の事がないかぎり見る機会がないじゃないですか こうやって本に載せれば 結構貴重な資料になるかなと思いましたので The Art of 宇宙ショーへようこそ に掲載されたレイアウト マニア的にも この線画は相当嬉しいですよ 中座 そうですか 笑 同業のアニメーターの方にも あ ここまでやってたんだ と思ってもらって 多少引きになると嬉しいですね 掲載した線画は 背景を起こす作業で使ったスキャンデータだと薄かったんで 印刷用にスキャンし直してもらってるんですよ かなりクリアに線がでていると思いますよ 背景については 制作スタジオに渡した完パケデータを印刷に使っているんですか 中座 そうです ただ 実際の画面では キャラクターを載せたときに監督や撮影さんの意向で画面を締めたりするんで 画集に載っているのは 実際の画面より若干明るくみえるかもしれませんね なるほど なるほど 美術チームの完パケ状態のものを入稿しているから 実際の画面よりも若干明るいものが多いと 中座 ええ 作業的な事でいうと 今回大きかったのは 映画の公開に間に合わせるように準備したってことですね 映画が終わって みんなが忘れた頃に出すっていうのは避けたかったので 公開時にこういう画集を出すっていうのは よくスタジオジブリさんがやっているじゃないですか ああいうのって やっぱり上手いなあと思っていたんですよね かなり苦労しましたけど 無事出せてよかったです The Art of 宇宙ショーへようこそ 下巻 本文より できあがった本をみて 手応えはいかがですか 中座 制作中に考えていたアイデアが かなり実現できた画集になったので満足してますね さっき話したインタビューやレイアウトの掲載もそうですし このプラスチックのカバーもちょっと工夫してるんですよ 画の構成上 本の形は横長にしたかったんですけど やっぱり本屋さん的には縦置きにした方が何かといいらしいんですよね だから カバーにちょっと工夫をして あ なるほど 横長の本を 書店や本棚では縦に置けるように カバーの方を細工したわけですね 中座 カバーに載せたキャラクターは ウェブ告知用に石浜さんに描いていただいたものなんですよ 映画が完成して 時間の余裕があるときにお願いできたんでラッキーでした 色々な背景を合成したものに載せられるように みんなが旅しているようなイメージでとお願いして描いてもらったんですけど その絵を運良くカバーにも使う事ができて この画は 草薙のサイトで購入してくれた人への特典ポストカードにも使わせてもらいました KUSANAGIショップ購入特典のポストカード 3枚セット

    Original URL path: http://www.style.fm/as/02_topics/tokuhou/tokuhou_002.shtml (2016-02-17)
    Open archived version from archive

  • WEBアニメスタイル | 【アニメスタイル特報部】『四畳半神話大系』感動のフィナーレ シリーズ完走直後の湯浅政明監督に直撃!
    でもお尻 最終回 はそれぐらいさっぱりでもいいのかなあ とか いろいろと逡巡しながら そういう駆け引きがあるわけですね 湯浅 そうですね やっぱり3本目ともなると 笑 ノイタミナ枠というのは意識されたんですか 湯浅 多少 気が楽だった面はありますけどね ノイタミナなら ちょっとアートっぽくても平気とは聞いていたので でも基本的には 地上波でやるという意識しかなかったです 今度は一般のお客さんが相手だ という 元々 原作がそんなに分かりやすいスタイルの作品ではないので 分かりにくいなりに分かりやすくやろうとは ずっと思ってましたね スタッフワークの面では 今回いかがでしたか 湯浅 そうですね もう何回かやってもらった人達と また新たに入ってきた人達と 今までの2本は自由にやってきてたので 今回はスタッフに 枠 の中に入ってもらうのが 思いのほか大変でしたね いろいろと決め事がいっぱいあったので そこに収まってもらうよう 理解してもらえるように努力したという感じです 結構 その作業が大変だったなあ って ああ 自由奔放な人が多いから 湯浅 今までホント楽だったんだなあ って思いましたね 笑 今後もこういうかたちでやっていきたいと思いましたか 湯浅 そうですね 脚本家さんとの付き合い方も少し分かったような気がします 笑 やっていくうちに このぐらいのスタンスならやりやすいのかな と思ったりして まあ 上田さんにはホントによく付き合ってもらったな と思います 後半は結構 勝手なやり方にしてしまったので 笑 想像以上に能力の高い人だったので ホントにありがたいと思ってます 他にはどんな方の活躍が目立ちましたか 湯浅 撮影もよく頑張ってくれましたね 文句も言わずに かえってそれが申し訳ない部分もありますけど 演出の横山 彰利 さんは 文句を言いながらも頑張ってくれたし 笑 文句を言われると 逆にこちらもいろいろ考える部分があって それがまたプラスになっていったりしました あと 音響もよかったですね 音響監督の木村 絵理子 さんも明るい方で 声優さんも面白い人ばかり連れてきてもらったし ヨーロッパ企画の役者さん達もよかったですしね あと 色彩設計の辻田 邦夫 さんにはすごく頑張ってもらいました 過去の場面とかでいろいろと色変えしたり かなりいろんな事をやってもらってます 伊東 伸高 君にはいつもどおり 作監をバリバリやってもらって 笑 萌えの要素を押さえながら 枚数の事もちゃんと考えてたし 結構 後半はまた大変な事になってしまったんですけど 頑張ってもらいました そういえば 今回のヒロインは湯浅さんのストライクゾーン的にはどうだったんですか 湯浅 ああ うーん 基本的に ストライクゾーンってないんですけどね 今まではどちらかというと肉感的だったり 大人っぽかったり わりとセクシーな女性キャラクターを描いてきたじゃないですか まあ カイバ は別として 湯浅 まあね 結局メソメソ系のキャラクターになってしまっていたんで 強い女子を描きたいという思いはずっとあったんですよ それが今回 多少はやれたかなという感じはしました 明石さんみたいな 文系女子って湯浅さん的にはどうなんですか 編注 明石さんは工学部所属でした インタビュアー小黒のうっかりミスです スミマセン 湯浅 どうなんでしょうねえ 実際の相手としてどうだ みたいな事はあんまり考えないんですけど あの硬い感じが新鮮でよかったですよ 湯浅 まあ 女子にはあれぐらい強くあってほしい という願望もあるんですよね あんまり女の子っぽくあってほしくないというか もっとピシッといってくれ みたいな ちょっと女の子っぽくなると 明石さんはそんな事しない って思ったり 笑 女性キャラでいうと 今回 羽貫さんは難しかったですね 彼女の立ち位置がちょっとよく分からなくて どうしてもただの酔っ払いになってしまいそうで 笑 湯浅 原作を見てると なんとなく明石さんと羽貫さんって似てるんですよ その描き分け方によっては 羽貫さんがステレオタイプに陥りそうだな と思ってたんです めぞん一刻 に出てくる酔っ払いの女の人 六本木朱美 みたいになると嫌だなあ とか 笑 後半ちょっと そうか こっちか っていうのが見えたんですけど それが活かせる感じまでには行かなかったですね それは どのタイミングで 湯浅 9話あたりで 主人公に ちょっと付き合え みたいな事を言って 蕎麦屋で飲むじゃないですか そこで あ この感じか っていうのが見えたんですけどね ちょっと エースをねらえ の愛川マキ的な ああ はいはいはい 湯浅 でも気づいたら9話だったので あんまりそれは活かせなくて もったいない気がしました じゃあ その他の細かい事については またの機会にぜひうかがいたいと思います 湯浅 ああ よろしくお願いします 何はともあれ おつかれさまでした アニメスタイルでは今後も 四畳半 関連のインタビュー取材を行う予定なので お楽しみに さて 読者の皆さんもご存知のとおり 今月24日には池袋 新文芸坐にて

    Original URL path: http://www.style.fm/as/02_topics/tokuhou/tokuhou_003.shtml (2016-02-17)
    Open archived version from archive

  • WEBアニメスタイル | 【アニメスタイル特報部】『灰羽連盟』『lain』がBlu-ray BOXで発売! 上田耕行プロデューサーに、BD化作業の舞台裏を訊く
    苦肉の策ですね 今 同時に HELLSING 1話から5話のBlu rayの作業もやってるんですけど こっちは撮影素材があるから精神的に楽なんですよ 再撮で直せる範囲って物凄く多いですしね 素材がなかった 灰羽 と lain は ほんとにきつかったです やっぱりBlu rayになって鮮明に映るようになると色々見えすぎちゃって 今まで目立たなかったエラーも目につくようになるんですよね そうなるとドラマに集中できなくなってしまう 今回 映像自体を改変する必要はないと思ってたんですけど やっぱり観ていて気になるエラーは潰さなきゃっていうんで 修正の基準もそれでずっとやってきています 観た人が特に気にならず 普通だと思ってくれればOKって感じなんですね 上田 そうです そうです 観た人に Blu rayで綺麗になって まあ変な改変もされてないな と思ってもらえると本望ですね あと これは別の次元の話ですが クリエイターとしては 当時のTVシリーズではBlu rayに耐えうるような完璧なものを作りきれてないから ちゃんとやりたいって気持ちはあると思うんですよ でも それは作り直す以外ないんですよね 今回の lain Blu rayの話を中村隆太郎監督にして 一発目にでた言葉が 上田さん BG直したい でしたからね 笑 撮影素材ないのに どうやって直すんだよって言ったんですけど やっぱり そこまでちゃんと直したいっていうのが クリエイターのほんとの気持ちなんですよ 新劇場版の ヱヴァ は そういう意味では凄く正しくて 理想的な姿だと思います で 今回のように 古い作品で撮影素材がないような作品については できる事をきっちりやるのが一番いいかなあと これで完璧とは思っていませんが 可能な事は全てやるという方針でBlu ray化を進めています 話はちょっと変わりますけど もうすぐ発売される 灰羽 lain の廉価版は 前のマスターを使っているんですよね 上田 ええ 廉価版はライナーもついてないですし とりあえず観るだけって感じですね レンタルや配信ではなく ギリギリ買って持っておきたいって衝動のある方達に買ってもらえるといいなと ウチの廉価版については 主導して進めているのは別の部署なんですよ 普段DVD BOXを買わない人も これぐらいの価格だったら手を伸ばしてもらえるだろうというカタログ販売的な考えで価格を決めているようで 我々はそれに協力するかたちでやっています 上田さんは Blu ray用のマスター作りに関するメイキングをブログで細かく書かれていますよね それによると 灰羽 では解像度に問題のある回があったそうですが 上田 2話と7話がそうなんですけど 当時Animoを使っていた撮影会社から納品されたデータが無茶苦茶だったんですよ データがおかしいって事は放映当時から気づいていて その時は監督とも相談して さすがにこれはおかしいよね ってところだけ直して 無理やり直して納品したんです あとから もう一度データを出し直してくれって言ったんですけど 予算オーバーしていて難しいとか そんなふうな理由で結局もらえなくて 滅茶苦茶なデータのまま残ってしまって 今観るとSDでも結構酷いんですけど 当時はギリギリ耐えられたかなと思ってたんですよね でも 大きな画面に映すと正直かなり厳しくて 解像度が低いっていうのは 制作過程で早く仕上げるためにスキャンの解像度を落としていたとか そういう事ではなくて 上田 いやいや そうではなくて単純にAnimoのアウト プット の問題ですね 撮影までは全部同じ行程なんですよ 当時は デジタルベーカムでマスターを作ってるんですけど 撮影現場はアナログのベーカムSPを使ってるんで 最終的にAnimoからデータを吐き出させてたんですね おそらく その時の出力設定が間違っていて あ なるほど 単純なミスだったんですね 上田 これはもう 完全にイージーミスだったと思いますね しかも 2話と7話以外の話数でも 制作中に間に合わなくて その会社に撮影を出したリテイクカットが混在していたりして それもかなり厳しい感じなんですよね で 結果からいうと 今言ったところはDVDよりほんのわずかだけよくなっているぐらいで 画質的にはほとんど向上しなかったんですよ 同じくPVより この画が 画質が向上していない話数のものだ 灰羽 の他の話数については どうだったんですか 上田 RETAS で普通に出力できているマスターに関しては かなり綺麗になったと思います ただやっぱり 元がアナログベーカムの640 pixel とか720 pixel だったのを1920 pixel まで持ち上げているんで 限界はありますよね ただ 灰羽 に関しては わりと上手くいった作品だったんで 画質がどうこうっていうよりも 作品として残しておきたいなって気持ちが強かったんですよ そうはいっても これ Blu rayで出していいのかな って 自分でも凄く迷いながら作業してたんですけれど 苦笑 でも やっぱり待ってくれている方々がいたんで 自分の中では一応整理をつけてリリースする事を決めた感じですね ブログでは 画質だけを目当てにするのなら買わないほうがいいです って書かれてましたよね かなり思い切った発言で驚きました 上田 いやあ ネガティブな発言で申し訳ないんですけど おそらく画質だけを期待した方は Blu rayなのに何これ って正直思うでしょうからね それは本当に ごめんなさい って言うしかないですし 誤解して買われてもトラブルにしかならないですからね 灰羽 のBlu rayについては たぶん今話したような事情を分かっている方に買ってもらったほうがいいと思っているんですよ だから ネガティブな面も含めて なるべく正確な情報を伝えてお客さんに判断してもらおうと 宣伝の人間にも片目を瞑ってもらって そういった告知を半分オフィシャルみたいなかたちでやっています プロモーション映像にも あえて向上していない話数の画を入れてるんで 観る人が観れば分かると思うんですよね それでも買いたいっていう人が買ってくれれば

    Original URL path: http://www.style.fm/as/02_topics/tokuhou/tokuhou_004.shtml (2016-02-17)
    Open archived version from archive

  • WEBアニメスタイル | 【アニメスタイル特報部】この春いちばんのヒール役だった!?『迷い猫 オーバーラン!』各話監督制のヒミツ
    笑 結局 スケジュールの関係で流れてしまったんですが そんなかたちで 最終的には18話分ぐらいのネタを作りました で 松先生に各話の大まかなプロットを書いていただいて その中から選んで メインライターの木村 暢 さんにシナリオを起こしてもらった というかたちですね なるほど 各話監督制とおっしゃっていますけど なおかつ各話制作会社制でもありましたよね 中山 そうです いわば総グロス制ですね 笑 制作協力としてクレジットされているところが アニメーション制作を担当されてるわけですよね しかも全話で制作会社が違うじゃないですか 中山 かぶっていませんね 各話監督制だと5話ぐらいが一斉に並行して進行するので ひとつの制作会社では対応できなかったんです それなら いっそのこと制作現場も各話ごとに探しましょう という事になったんですね 大地丙太郎監督の回に至っては 音響スタッフまで違いますよね 中山 そうなんです シナリオまではこちらで詰めさせていただいて そこから逸脱しないのであれば好きにやってください という前提だったんですが 大地さんはコンテが上がってきた瞬間に これはもう直しようがない と 笑 それでこのままやっていただこう という事になりました 各監督さんは 脚本打ち合わせには参加しているんですか 中山 してます 脚本までは必ず出ていただいてます 大地監督の回の卓球シーンが ちょっとHな描写になっていましたよね あれはどうしてああなったんですか 中山 あれは 最初にこちらからお願いするときに 申し訳ないんですが ジェネオンって必ず 温泉話をやるんです っていう前提でお話させていただきました 笑 いわゆるサービス回ですね ただ シナリオでも卓球をやるという事ではあったんですが 当然ながらああいう内容ではなくて そのあたりは大地さんがコンテで遊んでいただけたのかと 笑 大地さんのああいう感じって久しぶりでしたね ガチャガチャした感じの作品としては 妖精姫レーン 以来かもしれない 中山 そういう意味では 大地さんの真骨頂をやっていただけたと思っているので 原作者含めて 制作サイドは みんな大喜びでした 他に この人にこれをやってもらって面白かったというのはありますか 中山 この話数がどうこうというより 通して観たとき 思った以上に 各監督の特性が出たなあ と感じましたね もっと地ならしされてしまうかと思っていたんです 板垣 伸 さんには特徴のある走り方の処理をしていただいているし 八谷 賢一 さんは魔法少女ものかと思うようなシーンがありました 平池 芳正 さんはキャラクターの見せ方に特性が出てましたよね で 大地さんは今言ったとおりですし 笑 福田 道生 さんはスタンダードだったと思うんですが それでも カットの使い方とか音の貼り方に独特のこだわりがありました で 池端 隆史 さんはやっぱりギャグセンス的に 池端フィルム になりましたね 久城さんは ロボット話という事で ご自身の特性全開でしたし 小野 学 さんには 申し訳ない パロディやってください ってお願いしたら そのまんまにやっていただけて 笑 ははは 笑 中山 平田 智浩 さんがいちばん意外といえば意外でしたね 私は堅いものをやられているイメージがありましたし 作業の間にも 萌えって分からないんだよね 苦笑 とおっしゃっていたんですが キャラのたて方といい見せ方といい すばらしい仕上がりでした 佐藤 卓哉さんは 私は 苺ましまろ の時からおつきあいさせていただいているので 最初から 卓哉さんのフィルムにしてほしいなと思っていたんですね 雰囲気や空気感は想像していたかたちになったんじゃないかと思ってます レイアウトや間で雰囲気を作るあたりが卓哉さんらしいところですね 草川 啓造 さんは 初めてのおつきあいだったんですけれど こんなにコメディっぽくなるんだ と驚かされました 打ち合わせの様子とかは とても真面目な印象の方なんですよ で 佐藤順一さんは 本読みとでのやり取りと絵コンテの段階で 佐藤さんらしい雰囲気が出てた上に 演出処理をカサヰケンイチさんが引き受けてくださって これはまた豪華でしたよね 中山 無駄に って言うと語弊がありますけど 苦笑 監督経験者2人で作ってくださって きれいに締めていただいたという感じでした どうして最終回は佐藤さんだったんですか 中山 スケジュール組みの後半で いちばん最後を締めていただくのは 佐藤さんがいいんじゃないか という話が出ていたんです そのあたりは バーナムスタジオの里見 哲朗 さんにご協力いただいて TYOさんにお話ししてくださったんですね そうしたら 知らないうちに カサヰさんに演出が振られていました えっ それは誰が振ったんですか 中山 それは 多分 現場の方ですね というと TYOの方という事ですか 中山 ええ 多分 ミラクル トレイン を担当していた班なんだと思います ああ なるほど 各話の監督はどこまで立ち会われたんですか 中山 基本的にはV編まで ただ V編も オールラッシュまでの方と 現場に来られる方といらっしゃいました 処理以降の現場を お任せだったのは佐藤さんぐらいですね アフレコ以降はカサヰさんが立ち会ってくださいました 監督のいる作品であれば OPや次回予告は監督が見るわけですが 今回はどうされたんですか 中山 OP EDは これも監督経験者の方にやっていただいてます それは敢えて各話の各監督陣にはお見せしませんでした そういう意味では 監督経験者の方がやっていないと言えるのは 予告ぐらいですね 予告については どうしようかという話になったんですよ というのは 任せる監督もいなければ そもそも 次の話数の画が絶対にない 実は 制作の 順番がテレコになっている話数もあるぐらいなんです そのときに福家さんが サンジゲンさんとやりとりされていて 3DCGでキャラクターが動かせますよ という営業を受けていたんです それは面白い ぜひお願いしてみようじゃないか という話になって じゃあ どのキャラクターを動かそうか という時に 佐藤と鈴木があのキャスティング 佐藤利奈と新井里美 になって その2人ならいろいろ遊べる と木村さんが言って そこで 木村さんにテキストを起こしていただいて 基本 内容に触れない予告になったんです そういうわけで 2話か3話のアフレコの段階で 全部の予告を収録してしまって それをサンジゲンさんに渡して あとは好きにやってください とお任せしました じゃあ 次回予告がどうなっているかは 出来上がってくるまでわからない 中山 毎回 テストが上がってくる段階で みんな大笑いしてました 笑 あれは完全に サンジゲンの担当アニメーターの方の力です 各話監督制をやられてみていかがでしたか 例えば キャラクターについて ブレはありましたか 中山 厳密に言ってしまうと ブレている部分は多いですね 苦笑 ただ このキャラは絶対にこういう台詞は言わない というラインは キープできたと思っているんですよ 遊びの部分は多少ありましたけれども 例えば この子は巧に対して媚びたりしない というような ベースになるキャラクター性のブレはなかったと思います セリフ回しや テンションに関しては 多少の上下はあったと思いますが 今回 プロジェクトとしては成功だったんでしょうか 中山 どうなんでしょう 何をもって成功というのか 非常に難しいですね 笑 単純にビジネスの結果だけで言えば おかげさまで一定の結果がでているので そういった意味では成功と言えるかもしれません ただ お客さんの反応を見ると 失敗した部分もあるかもしれません あ そうなんですか 中山 ふざけたアニメを作るな みたいな事をよく言われました 苦笑 それは 各話監督制がどうこうというより お遊び回が多かったからじゃないんですか 中山 うーん でも 原作どおりにやっても文句は言われていたと思うので

    Original URL path: http://www.style.fm/as/02_topics/tokuhou/tokuhou_005.shtml (2016-02-17)
    Open archived version from archive