archive-fm.com » FM » S » STYLE.FM

Total: 731

Choose link from "Titles, links and description words view":

Or switch to "Titles and links view".
  • WEBアニメスタイル | 色彩設計おぼえがき[辻田邦夫]第186回 『輪るピングドラム』色彩設計おぼえがき その13
    とっても有効でありました カエルといえば 理科室での苹果のノートPCの蛙のWEBサイトの画面 あれはすべて特殊効果 グラフィックデザイン担当の山田可奈子さんの仕事です こちらで用意した作画素材はカエルの画像とノートPCの作画だけ それとコンテの芝居を元にあのPC画面作ってくれちゃったのです いやあ できあがってきた画面見てビックリでありました 山田さんは他にも このあとの話数から登場のICUのモニター画面や1号のエロ本の作り込みなどのデザイン周りの作業をお願いしてます あ 料理のカットの特殊効果も ほとんど山田さんです そして今回も夜の寝室 笑 前回7話の失敗を踏まえて若干明るめに設計しています ただし あらかじめ美術ボード上で作り込んだシーン設計も実際のカットのレイアウトや作画の影のアングルや面積の違いで だいぶ見え方が変わるのも事実 でもそれを上手く調整してくれているのが色指定さんです その直後の寝室のドアを外から閉めてカエル多蕗を閉じ込めたあたり 緊張感とコミカルな表現の色の扱いも色指定さんが上手く作り込んでくれてます 実はこの11話 僕のかなりのお気に入りな1本です 色彩設計 はお話の 色の設計図 を書く仕事である と僕は思ってて その設計図を片手に実際の作画に対面して画面を作ってくれるのが 色指定 だと考えます なので 設計図どおりであればそれはそれでEvenな感じですが それ以上に画面がイイ感じになっていくのはすべて色指定さんの力量次第 それがシックリとイイ感じに組み上がってる そんな一本なのであります 色指定さん自身 担当する話数に自分なりのプランを持って臨んでる方の仕事は素晴らしいです 僕が出す 設計図 を理解して その上で実際の作画とのバランスを調整してくれたり 時には こんなのはどうでしょう と提案してくれたり いずれも実際の作画に相対しているのは色指定さんなので そういうふうにいろいろ考えてくれるのは嬉しいし助かります 今回メインで色指定をお願いしている大塚さん 秋元さんのお2人もそんな色指定さんです 目指すところは結局同じ 少しでもよいものにするには というコトなのですから さて 帰って来た苹果と陽毬 晶馬が出会うマンション前の夜のシーンまでは 今までの 輪るピングドラム の色遣いでありましたが ラスト直前どど ん と そう 僕らの通称 95電車 です あの地下鉄のビジュアルは美術の秋山氏 みんなで集まって僕のモニターでチェックだったんですが 監督はじめ僕らみんな

    Original URL path: http://www.style.fm/as/05_column/tsujita/tsujita186.shtml (2016-02-17)
    Open archived version from archive


  • WEBアニメスタイル_COLUMN
    I C S 特別企画 C O L U M N R E V I E W もっとアニメを観よう D A T A B A S E E V E N T バックナンバー一覧へ BACK 第1641回 ペンダブあるある 第1642回へ続く 12 07 03 BACK PAGE

    Original URL path: http://www.style.fm/as/05_column/some1641.shtml (2016-02-17)
    Open archived version from archive

  • WEBアニメスタイル | TVアニメ50年史のための情報整理 第5回 1967年(昭和42年)本格的ギャグアニメの挑戦と挫折
    TVシリーズ キングコング と 001 7 親指トム を製作した 第一動画は逆に 韓国のTV局 東洋放送と協力し 作画 仕上 背景などの作業を同国へ発注しながら 黄金バット を製作 これは65年6月に日韓の国交が正常化したのを受けて始まったプロジェクトであり 以後連綿と続く日韓のアニメ協力関係の起点ともなる出来事だった 悟空の大冒険 complete BOX DVD 価格 8500円 税込 仕様 カラー 7枚組 発売元 コロムビアミュージックエンタテインメント かみなり坊やピッカリ ビー DVD BOX 価格 52500円 税込 仕様 モノクロ 10枚組 発売元 日本コロムビア リボンの騎士 complete BOX DVD 価格 15000円 税込 仕様 カラー 10枚組 発売元 コロムビアミュージックエンタテインメント データ原口のサブコラム ハリスの旋風 第53話は 主人公 石田国松と弟のアー坊が 怪人アメラグ 怪獣ゴドラ という裏同士の怪獣番組を巡ってチャンネル争いをするシーンで始まる 1967年5月4日放映 アメラグの卵 アメラグは類人猿タイプ ゴドラは爬虫類タイプの怪獣で それぞれキングコング ゴジラを連想させるデザインだ 魔法使い サリー 第51話では サリーの魔法の力により 親友 よっちゃんが天国で亡き母と再会する 編みものが得意だった母は 天国で雲を編む仕事をしていた 明日の雲はどんな形がいいか尋ねる彼女に よっちゃんは 弟たちは怪獣が大好きよ と告げる 翌朝 子供たちの頭上には 怪獣によく似た大きな白い雲が浮かんでいた 1967年11月20放映 おかぁちゃん の 匂い どちらも 怪獣ブーム華やかな当時を感じさせるエピソードである しかも 怪獣とは一見縁がなさそうなジャンルのアニメ スポーツものや少女もの にまで登場していることが 逆に影響力の大きさを物語っている アニメと特撮怪獣番組は 同じ子供の視聴者をターゲットとしている点でライバル同士だった と同時に 両ジャンルには 映像の特性からくる長所と短所 得意分野 不得意分野があった そこが共存の鍵でもあった 一言でいえば セルアニメは 絵 であるのに対し 特撮は 実写 である その手法の差は 映像の質感の差へとつながることになる 空想上の生き物やメカニックを登場させる場合 セルアニメはシンプルな線と平板な彩色になってしまう弱点がある それに対し 特撮は着ぐるみやミニチュアなどの造形物を実際に作って撮影しており その 現実味 が映像にもたらす質感 触感の差は歴然としていた 1967年を境にSFアニメが激減した理由として このような特撮番組からの影響を無視することはできない SF分野については むしろ アニメ よりも 特撮 のほうが映像ジャンルとしての適性があったからだ SFに対する子供たちのニーズは決して退潮したのではなく 怪獣もの という特化された形で存続し その舞台をアニメから特撮へと移したのだ と考えるのはどうだろうか 一方 セルアニメが得意としたのは デフォルメや象徴性が生かせる分野だった 同時期 オバケのQ太郎 おそ松くん などギャグ 生活コメディがTVアニメの世界で隆盛を迎える陰には このようなアニメ 特撮の棲み分け 共存の動きも大きく関係していたと思われる おらあ グズラ だど ちびっこ怪獣 ヤダモン は 怪獣 からシリアスな実在感 質感の要素を抜いて思いきりデフォルメすることでセルアニメに馴染ませ さらにTVアニメが得意とする 生活コメディ の世界で主役を演じさせた という二重の意味で実に67年らしい2作品だった ちなみに主役ではないが ピュンピュン丸 にも 怪獣ゴロゴロン 第3話 ドテドテ怪獣騒動 第7話 怪獣ちゃんを 捨てないで 第17話 など ギャグ怪獣がゲスト出演するエピソードがある 一方 現実味が売りもののはずの特撮番組にも マンガやアニメの生活コメディものから影響を受けたと見られる作品が登場する 円谷プロの 快獣ブースカ 66年11月 67年9月 が典型で イグアナが人間大へと変異したブースカは 造形も大きな縫いぐるみといった印象で可愛らしく 特撮ファンタジーものとしての独特の空間を現出させることに成功した ただし 当時の円谷プロスタッフの証言によると ブースカ誕生のルーツには ウルトラQ 第15話 カネゴンの繭 1966年4月20日放映 があるとのことで オバQ カネゴン ブースカという流れでとらえたほうが自然なのかもしれない 同様に 特撮番組における生活コメディものとしては 東映テレビ部製作の 丸出だめ夫 66年3月 68年2月 忍者ハットリくん 66年4月 66年9月 の例があり むしろアニメ向きな題材があえて実写ドラマ化されている点が面白い

    Original URL path: http://www.style.fm/as/05_column/list2012/list2012_5.shtml (2016-02-17)
    Open archived version from archive

  • WEBアニメスタイル | β運動の岸辺で[片渕須直]第133回 SF論的『アリーテ姫』、臨床心理学的『アリーテ姫』
    シアターTSUTAYA この劇場もなくなってしまった で マイマイ新子 や アリーテ姫 を含むオールナイト上映をしてくださったとき 思いがけなくもSF史家の永瀬唯さんが 2001年の公開時に買ったという アリーテ姫 のプログラムを持ってきてくださった SFということでは 氷川竜介さんがSFオンラインに書かれた アリーテ姫 レビュー原稿への想いが深い これは インターネット上に原稿が残されていて 今も読むことができる http hikawa cocolog nifty com hyoron 2006 11 post 69b8 html この文章の上で 氷川さんは アリーテ姫 のことを SF として認めてくださっている 充分進んだ科学は魔法と見分けがつかない とはSF作家クラークの発言だ 片渕監督は 本作品をアニメ化するときに やはりこの言葉を意識したという 変身の魔法は遺伝子操作によるもので 水晶球にはプログラムが仕掛けられ 地表に降る星はかつて人が宇宙に暮らしたあかし だが おとぎ話のアイテムをSFギミックに置き換えたことが重要なのではない これは SF的方法論によるスペキュレイティヴな作品ですよ というサインなのだ こうしたことは マスコミ試写でこの映画を観て 取材に来られた氷川さんに自分が話したことを シンクロする部分大なままに受け止めていただいていたのだと思う 氷川竜介さんからはこんな印象的な言葉もうかがった この映画をもう何ヵ月か前に観られていたら もっと気が楽でいられたのに 押しも押されぬアニメーションの紹介者の重鎮である氷川さんだが この数ヶ月前までは 一般企業の社員として 兼業で執筆活動をされていたとのことだった 身分の保証されたポジションに住まい続けるか すべてが自らの裁量の上だけに成り立つ世界に飛び出るか 氷川さんとしても相当に考え抜かれた末の決断として フリーライターへの道を歩まれたのだったろうが アリーテ姫 はそんなときの心理に 効果 があってしまうようなのだった ずっとのちに 大学の先輩でもある横田正夫教授 日本アニメーション学会会長

    Original URL path: http://www.style.fm/as/05_column/katabuchi/katabuchi_133.shtml (2016-02-17)
    Open archived version from archive

  • WEBアニメスタイル | 【アニメスタイル特報部】
    10 08 24 あの次回予告はこうして生まれた 迷い猫オーバーラン サンジゲンの仕事に迫る 10 09 30 カラフル 原恵一監督インタビュー 第1回 この原作なら自分に向いている と思った 10 09 30 カラフル 原恵一監督インタビュー 第1回 この原作なら自分に向いている と思った 10 10 01 カラフル 原恵一監督インタビュー 第2回 経験上 コンテは遅れてでも手を抜けない 10 10 04 カラフル 原恵一監督インタビュー 第3回 ふっ と怖くなる瞬間がたくさんあった 10 10 05 カラフル 原恵一監督インタビュー 第4回 アニメである事 に凄く助けられている 10 12 16 チェブラーシカ 中村誠監督インタビュー前編 この世界は実在する という感じを出したかった 10 12 17 チェブラーシカ 中村誠監督インタビュー後編 ロシアの観客に言われて いちばん嬉しかった言葉 11 04 22 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 黄金のスパイ大作戦 増井壮一監督が語る おならのこだわり とは 最新更新情報

    Original URL path: http://www.style.fm/as/02_topics/tokuhou/tokuhou_top.shtml (2016-02-17)
    Open archived version from archive

  • WEBアニメスタイル_アニメの作画を語ろう
    animator interview 橋本敬史 6 09 01 09 animator interview 橋本敬史 5 09 01 08 animator interview 橋本敬史 4 09 01 07 animator interview 橋本敬史 3 09 01 06 animator interview 橋本敬史 2 09 01 05 animator interview 橋本敬史 1 08 08 22 西尾鉄也が語る スカイ クロラ 4 08 08 21 西尾鉄也が語る スカイ クロラ 3 08 08 20 西尾鉄也が語る スカイ クロラ 2 08 08 19 西尾鉄也が語る スカイ クロラ 1 07 01 17 animator interview 三原三千夫 4 07 01 16 animator interview 三原三千夫 3 07 01 15 animator interview 三原三千夫 2 07 01 12 animator interview 三原三千夫 1 06 01 13 animator interview 湖川友謙 6 06 01 06 animator interview 湖川友謙 5 05 12 28 animator interview 湖川友謙 4 05 12 22 animator interview 湖川友謙 3 05 12 16 animator interview 湖川友謙 2 05 12 13 animator interview 湖川友謙 1 05 01 15 animator interview 板野一郎 04 07 16 animator interview 沖浦啓之 04 04 28 animator interview 和田高明 04 04 12 荒木伸吾さんに聞く 新生 聖闘士星矢 04 03 19 animator interview 山下将仁 04 01 09 animator interview 橋本晋治 03 12 19 TOKYO GODFATHERS 作画監督 小西賢一インタビュー 03 09 29 animator interview 田中達之 03 07 19 animator interview 中村豊 03 04 08 animator interview 西尾鉄也 03 03

    Original URL path: http://www.style.fm/as/01_talk/01_talk_top.shtml (2016-02-17)
    Open archived version from archive

  • WEBアニメスタイル_TOPICS

    (No additional info available in detailed archive for this subpage)
    Original URL path: /as/02_topics/02_topics_top.shtml (2016-02-17)


  • WEBアニメスタイル_特別企画
    L U M N R E V I E W もっとアニメを観よう D A T A B A S E E V E N T BACK 最終更新 08 04 28 最終更新 05 12 09 最終更新 12 05 18 最終更新 07 01 10 最終更新 07 06 08 最終更新 06 08 18 最終更新 08 10 31 最終更新 09 09 07 最終更新 05 07 22 最終更新 05 07 19 最終更新 06 07 24 最終更新

    Original URL path: http://www.style.fm/as/13_special/13_special_top.shtml (2016-02-17)
    Open archived version from archive